うまかもん

開湯約600年 癒やしの名湯に浸かる 開湯約600年 癒やしの名湯に浸かる

「温泉はよい、ほんたうによい、
こゝは山もよし海もよし、
出来ることなら滞在したいのだが、
いや一生働きたくないのだが・・・」
(種田山頭火 行乞記より)

俳人・種田山頭火が
日奈久温泉に泊まった際に記したこの句、
日奈久温泉に来られるお客様が、
皆感じることではないでしょうか。
一生働かないことは難しいかもしれませんが、
当館への滞在中だけは、
心も体もしっかりと休めてください。

温泉
温泉 晩白柚風呂
切石大浴場
切石大浴場
切石大浴場
切石大浴場

1階にある浴場。
切石が敷き詰められた床は、どこかモダンな雰囲気。
龍の顔をした湯口には日奈久温泉の成分が細かくこびりついており、成分の濃さをうかがわせます。
広々とした浴場ですので、のんびり何度でも日奈久の湯をお楽しみください。

うまかもん
レトロな雰囲気 切石大浴場

レトロな雰囲気 切石大浴場
展望風呂
展望風呂
展望風呂
展望風呂

3階(屋上)にある展望風呂からは、日奈久温泉の街並みが眺められます。
浴室は小さめですが、檜を使っておりいい香り。
窓からは開放感のある景色が広がり、とても気持ちよくご入浴いただけます。

うまかもん
日奈久の街並み 展望風呂

レトロな雰囲気 切石大浴場

うまかもん
やっちろ特産!晩白柚
うまかもん

温泉 晩白柚!

晩白柚とは、柑橘系の中でも世界最大級の大きさになるザボンの一種。直径は20センチ前後で、大きなものは重量3キロを越えるものもあります。
日奈久温泉では、晩白柚の収穫時期にあたる12月15日~1月末までの期間、湯船に大きな晩白柚を浮かべた「ばんぺい湯風呂」をお楽しみいただけます。
爽やかな香りが漂う「ばんぺい湯風呂」をぜひご体験ください。

若夫婦
うまかもん

温泉概要

浴 場
1F切石大浴場/3F(屋上)展望風呂
泉 質
弱アルカリ性単純泉
効 能
関節痛、神経痛、リウマチ、冷え症、創傷など
利用時間
宿泊のお客様: チェックイン~22:00、
翌6:00~10:00
立ち寄り湯のお客様:15:00~20:00
※時間外でもご入浴可能な場合がございます。
詳しくはお問い合わせください。
料 金
立ち寄り湯(税込):大人500円、子供250円
浴室備品
シャワー・リンスインシャンプー・
ボディソープ・ドライヤー

日奈久温泉の歴史 日奈久温泉の歴史

開湯約600年
 神のお告げで発見された温泉

甲斐重村の家臣・浜田右近の刀傷を癒そうと、
息子の六郎左衛門が安芸の厳島神社に祈願をこめ、
「私の命を縮めて父の痼疾の平穏に代えさせたまえ。」と
一心不乱、水垢離をとって祈ること十七日。

満願の夜、衣冠を正した神女が
「汝、父の病患を憂え、吾を信ずること日既に、
 久し、今吾汝が孝心の深き愛で、霊薬を授けん、
 即ちこの潮の干潟の中に平石あり、
 それより百歩余を経て山際に一つの奇石あり、
 その下こそ正しく温泉なれ、汝が父を是に浴びせしめなば
 必ず十七日にして痼疾全く癒えん」 とお告げがあった。

六郎夢覚め、奇異の思いをして直ちに夢に教わった地形をたどって行くと、
果たして奇石があったので手早にこれを掘り下げること五、六尺、
すると温泉が湯煙を上げ滾々として湧き出、
付近の岩石は皆黄金燦然として輝き、
あだかも六郎の孝心が感応したのではないかと思われるのであった。

時に応永十六年のことであった。